アイプチは便利なアイテムですが、ずっと使い続けることでデメリットもあります。

 

そのデメリットを知ってアイプチの長期間の使用は控えるようにしたいです。

 

そして、アイプチを卒業したい人はナイトアイボーテを使って理想の二重まぶたになりましょう。

 

夜眠っている間に癖を付けるだけの簡単なアイリキッドなので、誰でも気軽に使用できます。

 

アイプチを使い続けると起きるトラブル

手軽に理想の二重まぶたにしてくれるコスメであるアイプチは、若い女性を中心に人気の商品です。

 

最近は水に強いウォータープルーフタイプや目をつむってもアイプチしているとは思えないほど自然な仕上がりになるものもあります。

 

しかし、アイプチにはメリットの反面にデメリットもあります。

 

その中でもアイプチを使い続けることで起きる可能性のあるトラブルについて解説をします。

 

目やまぶたに関することなので、過信してはいけません。

 

まぶたがかぶれてしまう

アイプチを使い続けていると、目が腫れたように見えたり赤くなることがあります。

 

これは、まぶたがかぶれてしまっている証拠です。

 

むくんだようにまぶたが腫れてしまっている時は、アイプチに含まれる成分に対してのアレルギー反応が起きていると考えられます。

 

また、単に汚れた手で目のあたりをこすった、刺激したなどといったことでもまぶたはかぶれることがあります。

 

まぶたにかぶれが起きていると、見た目が腫れぼったくなったり赤みが出るだけでなく、かゆみが生じるケースもあります。

 

かゆみを我慢できずに目をこすることで、余計にかぶれが悪化します。

 

かゆみがひどくなると痛み、痛みよりもさらに悪化するとリンパ液が出る場合もあります。

 

よって、アイプチでかぶれたかなと思った時には細心の注意を払って、目元のケアを行いましょう。

 

まず、アイプチの使用はやめて、雑菌が入り込まないように清潔を心がけましょう。

 

まぶたの皮膚が伸びて戻らない

アイプチによるトラブルには、まぶたの皮膚が伸びて戻らなくなるというケースもあります。

 

アイプチには接着成分が含まれており、使い方をきちんと守れていないとまぶたの皮膚を伸ばしてしまうことになります。

 

アイプチは接着成分に反応してかぶれやたるみ、腫れなどを引き起こす可能性があります。

 

これを何度も繰り返していると、だんだん肌の組織が壊れていってしまいます。

 

肌の組織が破壊されるということは、コラーゲンやエラスチンといったお肌の弾力を保っている成分たちもどんどん減っていきます。

 

その結果、お肌にはみずみずしさがなくなり、いつの間にか皮膚が伸びてたるんでしまうんです。

 

しかも、その状態から元に戻れなくなることもあるので、たかがアイプチと思って適当な使い方をしていると危険です。

 

そして、異変が現れているのにずっとアイプチを使い続けるのもやめましょう。

 

異変を感じた時点でアイプチの使用はすぐにやめるべきです。

 

まぶたは一度伸びてたるむと元に戻すことができません。

 

たるんだまぶたは一気に老けて見えるようにもなるので、アイプチで二重まぶたにしようというどころの話ではなくなってしまいます。

 

二重のラインが変なところにつく

アイプチに関するトラブルについては、もう1つ挙げられます。

 

それが、二重のラインが変なところについてしまうという点です。

 

アイプチを使用する際には毎回どこに二重の癖をつけるか確認しながら、使うでしょう。

 

これは、元がどんな状態の目かどうかで分かれてきます。

 

最初から一重まぶたの場合には一から二重のラインを作るので、変なところについてしまったという話はあまり聞きません。

 

ですが、奥二重の人が二重にしようとした時には、元からある奥二重とはまた別のところにアイプチでラインをつけることになります。

 

よって、何重にもラインがついてしまい二重どころじゃなくなってしまいます。

 

最初アイプチを使い慣れるまでは何度も落としてやり直していたという人が多いかと思いますが、どこに二重のラインをつけるかは本当に大切なことです。

 

元の目の状態をよく確認して、アイプチで癖をつけたい部分をきちんと把握しておきましょう。

 

変なところに二重の型がついても、自分の顔じゃなくなったように感じてしまうので要注意です。

 

アイプチはずっと使い続けないようにしましょう

アイプチを使って二重まぶたにするのは簡単です。

 

しかし、一度使い始めたら癖になるのもアイプチの特徴です。

 

そのアイプチですが、ずっと使い続けるのはやめましょう。

 

アイプチは一時的に二重まぶたを作るコスメと言われています。

 

よって、長期間に渡って使用するものではないんです。

 

ずっと使っていることでまぶたが腫れるなどのかぶれを起こすこともあれば、皮膚が伸びて戻らなくなってしまうこともあります。

 

アイプチは一時的に使用するものなので、アイプチ以外のもので自然な二重まぶたをキープできるようにしたいです。

 

まとめ

アイプチは手軽にどこでも購入できて便利なコスメです。

 

しかし、ずっと使い続けることで危険も伴います。

 

まぶたのかぶれや皮膚の伸び、変なところにラインがついてしまうというトラブルが発生する可能性もあります。

 

こういったアイプチでのトラブルを防ぐためには、アイプチをずっと使うのではなくナイトアイボーテのように眠っている時にだけ目元のケアができるものを選んでみましょう。

 

そうすれば、目元に負担をかけずにきれいな二重まぶたに近づけます