さらばアイプチ

寝ているだけで二重になれる! おすすめの二重リキッドランキング



アイプチを卒業するための方法まとめ

二重まぶたになりたいという思いから、いろんな方法を試してきた女子も多いと思います。

手術やアイリキッドなどいくつか方法もありますが、手軽に自宅で二重まぶたになれる方法が一番ですよね。
 
そこで、通販でも人気を集めているアイリキッドを使いながら、こっそり理想のぱっちり二重まぶたに近づきましょう。

ずっとアイプチを使い続ける生活から抜け出したい時には、眠っている時にだけつければ良いナイトアイボーテがおすすめです。
 

アイプチを卒業する方法とは

 
一重まぶたよりも二重まぶたの方がいい、今まで必死にアイプチをして二重まぶたを続けてきたという人もいるでしょう。

アイプチはドラッグストアで手軽に手に入りリーズナブルなものですが、一度使い始めたら癖になります。
 
また、アイプチばかり毎日するのは疲れた、周りにバレたくないという思いから手術を検討する人も増えています。
 
ここでは、二重まぶたになれる2つの方法を紹介します。
 

二重手術を受ける

 お金はかかりますが、一度受けると二重まぶたをキープできる方法が二重手術です。

美容外科で行っている手術となっており、全国にあるさまざまな美容外科において二重まぶたにする手術は行われています。
 
二重まぶたの手術の中にも種類があり、たるみを取って二重まぶたにする方法や切開して二重にする方法もあります。
 
また、最近では手軽に二重まぶたの手術が受けられる方法もあります。

傷や跡も残りませんし、術後の腫れもそこまで顕著には現れないので、周りに手術をしたことがばれずに済むような方法になっています。
 
医療の進歩によって二重まぶたの手術にも気軽に挑戦できるようになっているんです。
二重手術は安全?
 さまざまな二重手術の方法があるわけですが、安全面においては大丈夫なのでしょうか?
 
以前よりも二重まぶたの手術は手軽にできるようになっていますが、100%安全とは言い切れません。

これは何の手術や治療においても同じことが言えるでしょう。
 
一応安全面は実証されていますが、それでも術後どんな状況になるかはわかりません。

人によって術後の症状やその後の経過観察の段階で違いが生じます。
 
昔よりも安全にできるようになった二重まぶたの手術ですが、誰一人としてトラブルが起きることなく無事に二重になっているというわけではないことを理解しておきましょう。
 
また、二重まぶたの手術は方法によって値段も異なります。
 
たとえば、ある美容外科の値段を見てみると、埋没法であれば両目1万円弱から受けることが可能です。

よりしっかり二重を定着させようとするともう少し値段はプラスされますが、比較的どの美容外科においてもリーズナブルに設定してあります。
 
そのため、10代や20代といった若い人たちの間でも二重まぶたの手術を受けるという人が増えてきています。
 
美容外科の診療や手術については保険が適用されないので全額自己負担となりますが、その点も理解して手術を受けるかどうか検討しましょう。
 
二重手術はいくらかかる?
 
二重まぶたの手術に関する値段について軽く触れましたが、ここではもう少し詳しく手術法とその料金について解説したいと思います。
 
二重まぶたには埋没法、切開法、部分切開法などと種類が分けられますが、種類のよって料金も違います。

また埋没法に関してはさらにいくつかの種類に分けられるので、料金は細かくなっていきます。
 
まぶたに糸を埋め込んで二重まぶたをキープするという埋没法は、みなさんが二重まぶたの手術を受ける時に選ぶ人が多い方法です。

埋没法は平均8万円前後となっています。まぶたの上をいくつ糸を埋め込むかによって料金は異なります。

ちなみに多くの人は2本か3本を選びます。
 
病院によって料金設定が少しずつ異なっていることと、埋没法のように何本糸を入れるかなどによって料金には差が生じるので、病院を決める段階から手術法や料金を慎重に比較していきましょう。
 
部分切開法といってまぶたの皮膚を1センチ程度切開して二重にする方法については、平均25万円ほどかかります。

こうしてみると、埋没法のリーズナブルさがよくわかりますね。
 

二重アイリキッドを使ってみる

 
二重まぶたにしたいけれど手術をするのは怖い、明らかに整形したと思われるのは嫌だという人もいるでしょう。

目1つで人の印象はがらりと変わるので、整形は怖いと感じる人もいます。
 
手術はしたくないけれど二重まぶたにしたいという時におすすめなのは、アイリキッドです。

いわゆる、アイプチですね。

液体をまぶたにつけて乾いてからプッシャーで型付けをするという簡単な方法で二重まぶたになれます。
 
手術をするのは怖いという時には、ドラッグストアで1,000円前後で購入できるアイリキッドから試してみましょう。

使い方に慣れてきたら、忙しい朝でも簡単に二重まぶたを作られるので便利です。
 
さらに、最近のアイリキッドは進化しており、二重まぶたにしているのがわからないようにも作られています。

周りにアイリキッドを使っていることが知られずに二重まぶたになれるので、嬉しいですね。
 
二重用アイリキッドの決め手は接着力と安全性
 二重まぶた用アイリキッドは探してみるとたくさんの商品があります。

そこで、まずはどんな種類があるのかをリサーチします。

ドラッグストアでもいいですし、通販でチェックするのも良いでしょう。
 
さらに、気になる商品が見つかったら口コミを探してみます。

実際に使った人がどんな感想を抱いたのかを知ることで、そのアイリキッドの商品の良さやデメリットなどを把握できます。
 
中でも注意して見てもらいたいのが、アイリキッドの接着力と安全性です。

二重まぶたを1日キープしてもらわないといけないので、接着力は重要です。

水に強い仕様になっているものもポイントが高いです。
 
さらに、接着力も強いけれど安全性も高く評価されているアイリキッドを選びたいです。

いくらしっかり二重まぶたを維持してくれても、危険な成分が入っていると目やまぶたに悪影響です。

どんな副作用が現れるかわからないので、成分にも注目してみましょう。
 
多くのアイリキッドは美容成分を中心に体に害のないものを配合していますが、成分によっては強力なものもあり、うっかり目に入ってしまうなどするとどんな症状が出るかわかりません。
 
成分に注目して正しく使えるかどうかを見極めることで、アイリキッドの安全性についても確認できるでしょう。
 

 どちらを選ぶかは、自分の予算と時間で決めよう

 
二重まぶたにする方法は、ここでは手術とアイリキッドの2つを紹介しました。

どちらもメリットとデメリットの両方があります。
 
そこで、最終的に重要となるのが自分が用意できる予算と時間でしょう。

手術を受けたくても学生であればそれほどたくさんのお金は用意できませんし、学校に忙しい毎日を送っているので時間もありません。
 
一方社会人であっても自分のお金の中でやりくりをしないといけないので、予算を慎重に考える必要があります。

普段は仕事があるため、時間も限られてきます。
 
このように人によって時間や予算を確保するのが難しい場合があります。
 
そこで、予算はあるので短期間で二重まぶたにしたいという人は手術を、限られたお金の中で周りに知られずに二重まぶたになりたいという人はアイリキッドを使ってみましょう。
 

まとめ

 
二重まぶたは生まれつき持っている人もいれば、二重まぶたになりたいという願いを持って日々ケアに奮闘している人もいます。
 
二重まぶたにする方法は、ここでは手術とアイリキッドの2つの方法を紹介し、それぞれの特徴をまとめました。
 
最終的には予算と時間から、どの方法で二重まぶたにするのか考えてみましょう。

そして、安全性の高い方法で二重まぶたになるようにもしたいです。

いくら完璧に二重まぶたにしてくれるとしても、安全性が確保されていないことは非常に恐ろしいです。
 
目やまぶたのトラブルにならないように、慎重にどの方法にすべきか検討しましょう。